前へ
次へ

教育をする目的の1つと学ぶ楽しさ

教育の目的の1つは、楽しさを教える事です。
教えてみれば、意外な楽しさが見つかる事は実際あります。
一例は子供英会話であり、英会話のスクールとしても英語の楽しさを教えている事が多いです。
子供英会話のスクールは、早い段階で本格的に英会話は教えません。
あまり早く教えてしまいますと、肝心の母国語が疎かになってしまう可能性もあるからです。
まずは日本語を完全に習得しなければなりません。
英語教育するのは良いですが、それが日本語習得を妨げてしまうのは良くないので、まずは英語の楽しさを教える事からスタートします。
実際、子供向けの英会話スクールの教室内を見てみますと、とても楽しい雰囲気になっている事が多いです。
子供と楽しい時間を過ごすことを最優先にしているからです。
子供としても、一旦はスクールで教育を受けると、英語の楽しさを覚えてくれるケースが多々あります。
何も英会話スクールだけではありません。
英会話に限らず、他のジャンルでも「学ぶ楽しさ」を教えられている事は多いです。

Page Top